通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー

2004年 06月 03日 ( 3 )

天然疑惑

最近飲み会やってないなぁ…って思ったら、そういえば土曜に飲んでた。
そんな管理人siroです。や、アル中じゃないよ?違う、違うってば!<必死だ?

なんか昨日の倍のアクセスをいただいています。宣伝効果以上のものが
確実にあるとは思いますが、うれしい限りです(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

ところで、世の中いろんな日記サイトがありますが、こんなネタがよくあります。

「ネタがないので困りました」

や、ネタがないことをネタにして更新するなんてひどいってば。
ある意味それは管理人の怠慢<言いすぎ
管理人の鑑たるもの、日々いろんなところでネタを収集しないと。そう、
たとえネタまみれの人生と言われようと、自分でネタを作るくらいの勢い。
それが必要。反論は受け付けません。

実際siroは学校や実習先でネタになるような言動をよくかまします。
っていうか、かましてしまいます。意図的ではないのに(・∀・)テンネンカ?

この前も飲み会で、「私、矢田亜希子に似てるって言われるんだ」って言う
女の子に対して、素で「ふーん、和田アキ子か~」と言い間違えた。
うん、普通に怒られた。怖かった。一字違いでえらいことに。

そんなネタな人生。結構好きですΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)ソウナノ?

以上、ネタがないことをネタにするネタをネタにしたお話でした。<わかりにくい

あなたのクリックが管理人の活力
    ↓


[PR]
by siro-castle | 2004-06-03 22:18 | 日常

公開か否か

どうもおはようございます管理人siroです。腕の皮がむけ始めました。
まだ6月…だよね(´・ω・`)ハヤスギ

このサイトを開設から12日。知り合いにも公表せず頑張っていた結果。
100ヒットを超えましたワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
いくもんですな。てかここ数日は一日20件近くの訪問者。
どうしちゃったの?なにがあったの?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)オレシラナイ
ここら辺で公表しようかしら。どうしようかしら。悩みどころ。

知り合いに告知すると、好き勝手なこと書くことができなくなりそう。
でもまぁ心の中で決めてたことだし、いいか。公表しよう。

というわけでサクッと公表してきます。その後実習行きます。
ではまた夜に|////| (  )ノ |////| ウィーン(自動ドア

あなたのクリックが管理人の活力
    ↓


[PR]
by siro-castle | 2004-06-03 09:33 | 日常
驚くべきことに本日3度目。管理人siroですこんばんは。
何気に訪問者が増えているため、「偏った一考察」をもう一本。

さてみなさん。「アスペルガー障害」ってご存知でしょうか?知らないですよね。
知ってる方は、きっと心理学もしくは福祉をやっている方か、それとも周りに
アスペルガー障害を抱えた方がいらっしゃる方くらいではないでしょうか。
それくらい知名度は低いものです。でも、それで苦しんでる方も多いのです。

詳しい説明は省きます。詳しく知りたい方はネットで調べれば見つかります。

まぁ簡単に言うと、ちょっとだけ人との関わり方が不器用なのです。なぜ?
それは人の気持ちを読み取るのがちょっとだけ苦手だからです。

俺は心理学をやっている上に、卒論のテーマだったこともありしょっちゅう
アスペルガー障害の子どもたちに接しています。もう接し始めて3年です。
ほんとにいろんな子がいました。ほんとに、いろいろ。

この障害を抱えているお子さんは、学校生活が大変だったりします。なぜ?
学校ほど他人の気持ちを考えることを求められる場所はありません。
障害のために友人とすれ違い、周囲から責められ、孤立して。
でも自分ではどうすることも出来なくて。どうしていいかもわからなくて。

見た目は変わらないから周りは理解してくれない。そう、時には先生すらも。
それがこの障害の辛いところ。せめて周りが障害についてわかってくれれば…

今現在、俺は彼らの治療、そして教育に関わっています。
またその延長線上で、将来そうした仕事に就けたらと思います。
でも本当にやりたいことは違うんです。

それは、この障害をもっと世間に広めること。もっと知ってもらうこと。

治療と教育によって一部の子を救えればいいなんて思わない。大事だけど。
みんなにわかってもらえないと、いつまでたっても本当に理解なんてされない。
だったら俺がみんなにわかってもらうように知識を広める役割をやりたい。
そんな仕事あるのかわからない。でも誰かがやらなきゃ。

偉い先生方はいろんな本を出している。でも、そんな本があったからって、
その辺の人の誰が読む?なにかきっかけがないと誰も進んで手に取らない。
惜しいことだ。せっかく全国的に売り出してるのに。でも当然だと思う。

今の俺に出来ることなんて小さい。でも、このページを見てくれた人の何人かが
この障害について頭の片隅に残してくれれば、それでいいと思う。
そこから何かが始まってほしいと思う。知ることからすべては始まるから。

将来に向けて、不特定の人々に出す初めてのメッセージ。
どこかの誰かに届いて欲しいと切に思う。

あなたのクリックが管理人の活力
    ↓


[PR]
by siro-castle | 2004-06-03 00:27 | 偏った一考察