通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

偏った一考察~自衛隊派遣~

どうもこんばんは管理人siroです。

最近偏った一考察が多くなってますが、きっと現実逃避<自分で言うな
こういう文章だったらすぐ書けるのになぁ・・・(ノД`)ロンブンカケナイ

さて、本日はテーマを自衛隊派遣にしてみたいと思います。

先日小泉首相がブッシュ大統領と会談をしたときに、
自衛隊の多国籍軍参加を約束してきたそうですね。

ちなみに記事はこれです。

昔は自衛隊を海外に出すことにすら大きな議論があったのに、
ずいぶん簡単に口約束をするものです。

さて、毎度のことながら小泉首相の軽い発言に各部門は大慌て。
なんとかつじつまを合わせようと一生懸命です。
でもその理論をよく見ると、バカらしいものばかりです。

たとえばこれ

「参加は許されないけど、協力なら許される」と言っております。
( ゚Д゚)ハァ??って感じです。参加と協力って何か違うんですか?

・さんか 【参加】

(名)スル

(1)会や団体など目的をもつ集まりの一員になること。行動をともにすること。
「平和運動に―する」

(2)〔法〕 ある法律関係に当事者以外の者が関与すること。

・きょうりょく 【協力】

(名)スル

ある目的に向かって力を合わせること。
「事業に―する」「―を惜しまない」
                           大辞林 第二版 (三省堂)

うーん、力は合わせるけど一員ではないと?似たような意味な気もするが。

また、こんなことも言ってます。

「多国籍軍には入るが、自衛隊独自の指揮権を持つ」と。
アメリカとイギリスの了承も得たらしいです。

でも、軍隊の中にいて独自の権限を持つことって現実的に可能なんですか?
いざ治安の悪化などがあった場合、サッサと帰ってくることは可能なんですか?

絶対出来ないと思うんですけどね。

長官によると「多国籍軍に入らずに活動を継続することは事実上できない」と。
だったら帰ってきちゃえばよくない?言い訳してるくらいなら。

なんか言葉の解釈の問題とかにしてうやむやにしようとしてるけど、
正当化するには説得力に欠けてるんですよね、結局。

一番気になるのは、以前に自衛隊を派遣した時に比べ、議論の声が小さいこと。
もう一度派遣したという既成事実があるせいでしょうか?
それとは少し次元が違う話が進んでいることに気付いていますか?

そのうち気付いたら戦闘に参加していたということになりかねませんね。
仮にそうなっても、政治家たちは言葉の解釈の違いで乗り切るんでしょうね。

政治家の言葉遊びに付き合うのはもう正直ウンザリです。
こんな政治家たちを何度も選んでしまう国民もどうかと思います。

あなたのクリックが管理人の活力
    ↓


[PR]
by siro-castle | 2004-06-16 20:39 | 偏った一考察