通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー

2005年 05月 16日 ( 1 )

久しぶりの体験です

こんばんは管理人siroです。

今日は久しぶりにのんびりと自然を見た気がします。

クロアゲハの産卵場面を見ました

ダンゴムシが植木鉢の下にうじゃうじゃいました

アリがイモムシを必死で運んでいました

ネコをずっとなでていました

名前もわからない虫がたくさんいました

こんな時間、自分にとって久しくなかった気がします。
この子も学校に行っていたらこんな経験はできないんだろうな。

小学校に無理をして行くことのメリットってなんだろう?
確かに、集団からしか得られない体験というのもあるだろう。
でも、こんな風に自然から吸収できるものがあれば、それもまたいい。
不登校でもゲーム漬けになっていなければ問題ない気がする。
だからこそ、俺は子ども達にゲームを勧めたくはない。
もっと外で遊んで欲しい。もっと自然を見て欲しい。

ゲームはどんどん進化を遂げているが、
最近はちょっと進化しすぎた感が否めない。
バーチャルな世界にはまる子どもが多くなりすぎている。
携帯ゲーム機の進化により、親の監視は届かなくなった。
暇さえあればどこでもゲームをやっている。
これは問題ではなかろうか?
ゲームなんて、ファミコンレベルでよかったのに。

ということを、子ども時代に外で遊ぶのが好きではなく、
下手したらゲーマーと言われてもおかしくなかった俺が、
必死で主張しようとしているのだから不思議なものだ。

年をとった証拠であろうか。
[PR]
by siro-castle | 2005-05-16 22:57 | 日常