通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今朝あった危機

どうもこんばんは管理人siroです。

この一つ前の記事が実はこのサイトの記念すべき100個目の記事でした。
その話題が二日酔いとは。このサイトの方向性を示しているようですね。
…そんなのいやだo( ゚Д゚)oブンブン

突然ですが、俺って飲んだ翌日は体調がすぐれないのです<年かな?
特に腹の調子。時々泣きそうになるほど痛くなるんですよ。

そんな最悪な状態がよりにもよって実習の日に重なってしまいまして。
駅を降りたあたりから腹の調子が悪かったんですね。
でも、駅のトイレは暑いし汚いし和式。できたら避けたいところ。
コンビニのトイレとかいいなぁ…と思いながら歩いていました。

すると突然痛みのビッグウェーブが!これはピンチ!
でも幸いなことに目の前にコンビニが。ここぞとばかりに店員に言いました。

俺「すいませーん。 トイレ貸してください」
店員「うちトイレないんですよ」

(;´Д`)ナンデスッテー?

い、いまどきトイレのないコンビニなんて!信じられない!
お前はどこでしてるんだ?と問い詰めたくなりました。
でもそんな余裕は今はない。あきらめて次のコンビニへ急ぎました。

次まで歩いて10分くらいあったんですが、もう大変。
痛みのウェーブが来るたびに汗が出る。
きっとこれは暑さのせいじゃない。脂汗に違いない。

この世の終わりは近いという形相で必死で歩いた俺は、
ようやくコンビニへ到着。ここにはトイレはあるだろうな…

俺「と、トイレ貸してください…」<必死
店員「どうぞー」

ε==ε==(ノ゚Д゚)ツ ||WC||

こんな感じで駆け出さんばかりの勢いはあった。
でもそこはいい大人。クールに歩いてトイレへ向かう。
もう限界は近いが、慌てず扉の前に立つ。開けようとする。
そこに輝く「使用中」の文字。(;゚д゚)ァ....

もうね、目の前暗くなった。何?なんなの?イジメ?
しかもちょっと待っても空く気配がない。死期は近い。
そこで、迷いつつも次のコンビニ(歩いて3分)を目指すことに。

そろそろウェーブの感覚がだいぶ短くなってきている。
「う、産まれる…」そうつぶやきそうになりながら急ぐ。
落ち着け、落ち着くんだ俺…。冷静に考えろ。
考えてみれば待ってた方が早かったんじゃないのか?

しかし、もう後悔しても遅い。オアシスを目指す旅人に退路はない。
無我の境地に達せそうな勢いで淡々と歩く俺。

そして我がオアシス(コンビニ)に到着。ここもトイレはある。
店員に許可も取った。さぁ、いざトイレへ。もう限界だ。
そこに輝く「使用中」の文字。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)キャーキャー

なんなの?このトイレの繁盛っぷりは!
この地区に何が起きてるの?もう近くにコンビニないよ!
おなか痛いよ。もう無理だよパトラッシュ…

真剣に身の危険を感じ取ったその時、ようやく扉は開いた。
もうね、この世に神はいるんだなって感じたよ。
俺のお願いを聞いてくれたんだ!ありがとう神様!<おおげさ

そしてそれ以上の障害はなく、無事に危機を乗り越えました。
いや、ほんとに泣きそうだった。そんな24歳の朝。

あなたのクリックが管理人の活力
    ↓


[PR]
by siro-castle | 2004-07-12 23:07 | 酒関連