通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

偏った一考察~発達障害~

どうもおはようございます管理人siroです。
30度を超えると人間の生きる気温じゃないと思います。

さて、久しぶり気味の偏った一考察。ふと書きたくなりました。
テーマは「発達障害」というものについて、です。

この前テレビを見ていたら、昔の事件の裁判についてやっていました。
レッサーパンダの帽子をかぶった男が女性を殺した事件です。
妙な事件だったので、なんとなく記憶の片隅にはあったのですが。

その公判の中で、被告は発達障害であった、という一文がありました。
それを聞いて、俺は「また発達障害かー」と思いました。
最近犯罪の報道についてくることが多いですね、発達障害。

なんかいろんな事件の免罪符的に扱われてるのが気になります。
そして、発達障害=犯罪を犯すという考えに結びつきそうで怖いです。

たしかにね、最近多いかもしれないですよ。発達障害の人が犯す犯罪。
でも、それはただセンセーショナルに報道されるから多く感じるだけ。
冷静に見れば、発達障害じゃない人が犯す犯罪の方が圧倒的に多い。
なのに、発達障害じゃない人を弾圧しようとはしませんよね?
だとしたら、発達障害の人を弾圧するのはおかしな話。
彼らは決して犯罪予備軍じゃないですよ。

だからといって、俺は彼らのことを聖人扱いする気はないです。
そりゃ中には犯罪を犯す人もいると思います。
でも、それってみんな同じじゃないですか。違いますか?

発達障害だから事件を起こしたんじゃなくて、
事件を起こした人が偶然発達障害だった。

それをわかって欲しいんですけど。無理ですか?

あなたのクリックが管理人の活力
    ↓


[PR]
by siro-castle | 2004-07-08 08:58 | 偏った一考察