通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

実習八日目

こんばんは管理人siroです。

11時就寝の5時半起床
そんな生活が普通になりつつあります
ちょっと健康的過ぎるのでは…!?

さて、今日も二時間担当でしたよ!

一時間目は国語

ローマ字の書き取り練習という、子どもにとって退屈な内容です
どうやったら楽しくなるか考えたけど思いつかない!
なので、非常にオーソドックスな形でやってきました

黒板に見本を書く→子どもに書かせる→急いで見回る→次へ行く

そんな風にやってたら、突然担任から発言が
「おーい、アルファベットの書き順が違うぞ」

工エエェェ(;´д`)ェェエエ工工

その後、3つ連続くらいで書き順が違ってまして
子どもから「先生しっかりしてよ~」とか笑いながら言われました
いやぁ、アルファベットの書き順は盲点だった…

授業後、不思議とその点に関しては担任からお咎めナシ
むしろ、机間巡視を積極的にやる姿を評価されました
「先生が見てくれるから、つまらない内容でも子どもが真剣にやるんだよ」
そう言ってもらえて、とても嬉しかったです
「若いからできることだよ」とも言われました

二時間目は理科

前回担任がやった実験のまとめをして、
そこから次の実験につなげていくという内容

まとめに際して子どもにたくさん意見を出してもらうも、
それをうまく次につなげることが出来ず撃沈
微妙につながりの悪い授業内容になってしまいました…
うぅむ、うまくやるのって難しいものだのう…

担任からは「そうやって学んでいけばいいんだよ」と言われます
「最初からうまくできるわけなんてないんだから」とも

でも、悔しいものは悔しいっすよ!やっぱり!
その割に指導案が適当なのはご愛嬌ってことで
詳細なものを作っても、その通りになんてならないし
板書計画?なにそれ?くらいな勢いでやってます
大事な事は、プリントの穴埋めで書いてもらってます
板書量が増えると、お互いにとって負担がでかいしね

今日は放課後に4時間ほど教材とにらめっこでした
月曜に、一日学級経営をやらされるんですよ…
そのための経営案と、指導案作りに追われていました
それプラス、明日と明後日の指導案作りも
ぬああ!指導案ばっかりじゃないかコノヤロー!
家に帰ってきたら、もう何もする気が起きません!

また早く寝て、明日早くに学校に行きたいと思います…
[PR]
by siro-castle | 2006-06-07 21:18 | 通信生活