通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

元アルバイト塾講師より

こんばんは管理人siroです。

<京都小6殺害>また子どもが犠牲 塾での事件に驚き、怒り

大変痛ましい事件が起きてしまいました。
23歳のアルバイト塾講師の男が、小6の女の子を殺害しました。
それも塾の教室内で。なんということでしょう。

しかも、この講師。凶器を他にも持っていたとか。
教室のモニターのケーブルが切断してあったことや、
理由をつけて他の生徒を教室の外に出しておいた状況などから、
この事件が計画性があったものであることがうかがえます。

これまでに発表されている情報などによると、
この講師は被害者の子に嫌われていたようで。
それが何らかの形で事件の発端になったのでしょうか。

テレビの報道でこの講師の評判を見ていたところによると、
「面白い先生」とか、「冗談好き」といったものが見られました。
きっと普段は明るい授業を展開していたのでしょうね。

ところが、怒る時はかなり怒っていたようで。
その辺のギャップは結構あったみたいです。
被害者の子は『変な感じ。嫌な感じ』と表現していますし、
わりと変わり者の講師だったのではないでしょうか。

こういう講師って、生徒からの評判は二つに割れるんです。
4年以上塾講師をやっていたもので。よくわかります。
しかも自分もそういう講師でしたから。なおさらわかります。

えぇ。自分は決して正統派の塾講師ではありませんでした。
生徒を笑わせるためには自分のプライベートをもネタにし、
怒る時は周囲の無関係な生徒をもビビらせる勢いで怒っていました。
おかげで人気はすっかり二分。そりゃそうですよね。
「女の生徒にだけ優しい」という噂が一部であったようですが、
それはまた別のお話ということで。

さて、自分の話は置いておいてです。

確かに、生徒に好かれれば気分はよいけれど、
嫌われればいい気はしないものです。

でも、だからって殺すほどのものでしょうか?

長いこと講師をやっていれば、色々な生徒に出会います。
生徒に嫌われる、からかわれる、無視される。
それくらい笑って見ているのが大人の余裕では。
不思議と時間が経てば普通に話せるようになってるものです。
その余裕がこの講師にはなかったんですかね。

何やら裏では家庭内暴力を振るっていただの、
大学で財布を窃盗された腹いせに財布を窃盗をして捕まったりと、
この講師が変わった人間であるエピソードには事欠かなさそうです。
っていうか、財布の窃盗の腹いせに財布を窃盗をするって。
せめてビニール傘くらいの規模にしておきましょうよ。
捕まった後のことを想像できなかったのでしょうか。

ともかく、自分自身も塾講師をやっていた立場として。
また、将来学校に勤めようとしている立場として。
このような立場の人間が事件を起こしたことは悲しいです。
本当に、なんでこんなことになってしまったのか。
塾や学校は子どもにとって保護されている空間じゃないのか。
そこで教育者が事件を起こしたら、子どもはどこで安心する?

時期が時期だけに、最悪な事件となった気がします。
[PR]
by siro-castle | 2005-12-10 19:34 | 偏った一考察