通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

siro新聞

こんばんは管理人siroです。

ねぇやんさんのところで紹介されてた「日刊あなた」をやってみました。
名前を入れると、あなただけの新聞を作ってくれます。
では、そんなsiro新聞をどうぞ。

siroさん表彰される

先月の染物工場火災の第一発見者で、消火に協力したパン職人のsiroさんが消防庁から感謝状を贈られることになった。siroさんは仕事場に泊まるときに、火を落としたナンを焼く窯で寝ることがあるという。「ぽかぽかですよ。寝てる間に温度も下がるので寝汗もかかないし」とのことだが、先月の染物工場での火災の際、siroさんの店にも火が回った。いつもとは違うナン窯の熱さで起きたというsiroさんは火災に気付き、消防に連絡し自らも消火に協力した。今回の感謝状については「窯で焼かれなくてよかった」とのこと。

「siro対メカsiro」完成

かねてから話題の映画、「siro対メカsiro」がついにクランクインした。構想10年、撮影3日というとんでもないスケジュールだったが、主演のsiroはさらりとやってのけた。「ハードな撮影でした」とsiroは振り返る。「まぶたを閉じると1秒1秒が全て思い浮かびます。それにしてもメカsiroは強かった。まさかあそこで爆発するとは……しまった!秘密なのに!!」クランクイン直後の疲労困憊した状態でも、得意のリップサービスを忘れてはいなかった。メカsiroももちろんsiro自身が演じたのだから、「強かった」とはどういう事なのだろう?しかし、そんなところがsiroの人気の秘密である事は間違いないだろう。公開が本当に待ちどうしい作品だ。

siroやりたいほうだい!

青少年の犯罪は年々、増加、悪質化の右肩上がりであるが、またまた右の肩があがってしまった。先日も世田谷区のタバコ屋兼駄菓子屋の「みどりや」にて、30円ドーナツ、カップラーメン(+お湯)などをさんざん食べまくったあげく、5円玉での違法ガチャガチャ、アーケードゲームの電源を入れたり切ったりするとゲームがスタートしてしまうという特性を利用した犯行などなど、計画的かつ悪質な犯行を堂々とやってのけたsiro。家族との不仲がささやかれていたsiroであるが、その原因、動機は依然黙秘したままである。

計画的なら、もっとスケールの大きなことをしたかった。
[PR]
by siro-castle | 2005-10-17 21:23 | 日常