通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

5代目

こんばんは管理人siroです。

今日、新しいメガネを買ってきました。
最近メガネをかけずに生活していることが多く、
緊急に必要というわけではなかったのですが、
気分転換という意味もこめて購入です。

さて、このメガネで早くも5代目となりました。
初めてかけたのが6年前。このペースはどうなんだろう?
そして、毎回メガネのタイプが変化している。
ちょっと移り変わりをまとめてみます。

初代・・・フチなし。フレームは銀。
部活をやっていて、視力の弱さに悩んで購入。
かけながら運動をするという都合上、
フチなしのほうがいいと思って選ぶ。
ベッドの上に放置したままうっかり寝てしまい、
起きたら腰の下でレンズが割れていた経験あり。
レンズ交換などを経て、結局2年くらい使う。

2代目・・・レンズ上半分だけ緑のセルフレーム。
視力の低下により、新しく購入。
フチなしからフチありへの転換点。
端の方が少し釣りあがっているデザインのため、
「ざぁますメガネ」と大学で言われた。
ちょっと度が強すぎたのが難点。
カラオケオールの後の電車内で寝ぼけて紛失。

3代目・・・全体が黒のセルフレーム。
悲しき最後を遂げた2代目の後継者。
上だけフチありでも気になっていたというのに、
何を思ったか上下共にフチありに。
デザイン的に、ダテメガネだと周囲に疑われる。
購入から1年後、富士急ハイランドにて紛失。

4代目・・・上半分が青、下半分が透明のセルフレーム。
セルフレームのメガネが続きます。
2代続けて紛失という憂き目に会い、
波乱万丈のメガネライフであることを悲しむ。
下半分が透明というデザインであるが、
透明な部分に光が反射し、当初は使い辛さを感じる。
使い込んで傷がつくにつれて悩みは解消されたが、
今度はレンズが傷つき、さらに使い辛くなる。

5代目・・・耳のところがセルフレーム。レンズ部分は黒。
初代のフチなしに近くなる。フチは細い。
よくよく見るとやや落ち着きすぎたデザインであるが、
耳の部分がセルフレームであるということで許していただきたい。
いやぁ、かけ易さを第一にしたらこんなことに・・・

というように5代目まで移り変わってきたわけですが、
正直メガネって選ぶの難しい。
散々悩んで買っても、家に帰ってくると
「何かイメージが違うんだよなぁ・・・」
と思い始めてしまう。うぅむ。
自分が慣れちゃえばいいんですけどね。

というわけで、しばらくメガネをかけて生活します。
[PR]
by siro-castle | 2005-10-08 18:54 | 日常