通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

求められてもいないが

こんばんは管理人siroです。

今日、飲食店のバイトだったんです。8時間。10時~18時。
で、最後の3時間なんですが。シフト、俺1人だったんです。
開店当初はバイト3人。一ヶ月でバイト2人。二ヶ月で社員が1人。
三ヶ月でバイトが1人ですか・・・!どこまで減らすつもりだ。
って、これ以上減りようはないと思うけど。

まぁね、確かにこの時間帯、あまり客は来ません。
でも、たま~にたくさん来るから怖いんだよなぁ。
あ、結論から言うと今日は暇でした。本当に暇。
仕込み全部終わって手持ち無沙汰でしたよ。

昨日の記事は求められて書いた感があるけれど、
今日の記事は求められてもいないけど書きます。
内容は、シフト1人の時の仕事の流れ。俺バージョンです。
他の人は多少違うみたいですけど。

お客様来店。お客様券売機へ。

「いらっしゃいませー」と声をかけつつ、
肉を茹でるスープの入った中華なべAを火にかけ、
一人前の肉を量っておく。

お客様着席。

食券を受け取りに行く。
「いらっしゃいませー。~(商品名)ですね。ありがとうございます!」

味噌汁をよそり、卵を割って容器に入れて提供。
「こちら、どんぶり用の卵と味噌汁になります」

この頃には中華なべAのスープが沸騰しているので、
中に先程の肉を投入。箸でよくほぐす。そのまま少し茹でる。

その間にご飯をどんぶりに盛り、タレをかける。

中華なべBを火にかけ、油をひいてネギを投入。
ネギを炒めながら肉の茹で具合を見る。
大丈夫そうならザルにあけ、中華なべBへ。一緒に炒める。
軽く肉とネギを絡めたら、タレを入れて味付け。
全体に味がついたら先程のご飯の上に盛り付け。

上にノリを散らして、お客様に提供。
「~(商品名)のお客様、お待たせいたしました!」

中華なべを二つ洗い、Aにはスープを投入しておく。

こんな感じです。大体この工程が4~5分。
で、この他にも食べ終わった食器を片付けたり、
カウンターをふいたり、食器を洗ったり、
カウンターの水を補充したり・・・と、仕事はたくさん。
あ、ご飯の釜が空になったら、米をといで炊かないと。

・・・ねぇ、まじでこんなに一人でやるんですか?
お客様が一気に何人も来たら大変じゃないの?
今日はたくさん来なかったからいいようなものの。

いやぁ。今後が大変そうだ(;´Д`)
[PR]
by siro-castle | 2005-07-21 00:15 | 日常