通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

いろいろネゴシエーション

こんばんは管理人siroです。

今日は結局雨も降らず、天気は一日持ちましたね!
それ故、小学校の運動会も無事開催されました。

さて、俺はこの小学校の運動会においてですね。
様々な方にお会いして、自分が担当している子の対応について
話し合いをしなければならないという仕事があったのです。
しかも、その相手は、先日の記事にも書いたとおり、
こちらと連携をとることを拒否した方々。
どうやって説得するか、胃が痛くなる思いで現地に向かいました。

とりあえず運動会が開会して早々に行動開始。
まず捕まえたのはスクールカウンセラー。
お会いするのも初なので、丁寧に自己紹介から。
こんな姿(坊主)ですけど、怪しい人間じゃないですよー

そうして、早速本題に。連携拒否って本当ですか?
「え?そんなことないですよ?」

なんですって?

なんでも、親に対して状況を説明するのにうまい言葉が見当たらず、
オブラートに包んだ言い方をしているうちに誤解されてしまったとか。
「こっちの方針が決まったら、連携もとり始める予定です」





俺の取り越し苦労か!(#ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻--┻
というわけで、連携が始まったらぜひ俺も入れてくださいと、
重ね重ねお願いをして交渉は成立したように思えます。

しかし、まぁ、なんだ。親を間に立たせると情報が錯綜しますな。
どうしても情報がストレートに伝えられませんからね。
そう考えると、当事者間では普段から連絡取ったほうがいいです。
今回の件で深く実感。

他にも学校の先生やら通級の先生やらにお会いして、
現状認識についてのお話を徒然と。
おかげでなかなか有意義に時間を使えましたよ。
今後の支援がうまくいけばいいのですが。

ここからは余談なのですが。

この学校は、5月に2年の遠足についていったことがあるんですね。(参照
なのでちょっと挨拶がてら、昼休みの終わりに応援席へ。
皆の衆、一ヶ月ぶりだが元気にやっているかな?おぉい。

・・・えぇと、時間にしては5分くらいだったんですかね?
まさしく「もみくちゃ」と言うしかないような状況に。
次々に飛びつかれ、常に2~3人に抱きつかれている状況。
振り払っても振り払っても、全然諦めやしない。
前回と同じく、「おじさん!」「おじいさん!」と言われる中で、
「俺はおじさんじゃない!お兄さんだ!」と騒ぎながら。
あとで保護者の方に、「いやぁ、すごい状況でしたね」って言われたよ。
5分で汗だく&ヘロヘロになりました・・・orz
[PR]
by siro-castle | 2005-06-11 20:25 | 日常