通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

もう一つ

こんばんは管理人siroです。

今日は雪合戦をしに小学校に行ったのではありません。
きちんと仕事をしに行ってまいりました。

で、今日は6年生を送る会だったわけですが。

いやいや、久しぶりですね!送る会とかいうのは!
正直、どんなことやるのか楽しみにして行きました。

率直な感想を言うと、笑いあり、涙ありのとってもいい会でした。
なんだか、自分のことのように感動できた。
小学生ってすごいなぁ、と素直に感心。(・∀・)チゴイネ!

で、その中で感動したのは「地球の家族」という歌。
送る会にふさわしい歌だったと思います。
歌詞、載せてもいいのかな・・・いいか。

1. 空のとなりに 海があり
  海のとなりに 山がある
  山のとなりに 森があり
  森のなかでは 鳥がとぶ
  まるい地球を わけあいながら
  かぞくのように すんでいる

2. 川のとなりに 丘があり
  丘のとなりに 花がある
  花のとなりに 草があり
  草のそばでは 虫がなく
  おなじ地球で やすらぎながら
  かぞくのように いきている

3. 道のとなりに 家があり
  家のとなりに 村がある
  村のとなりに 町があり
  町をこえれば 国がある
  あおい地球に まもられながら
  かぞくのように まわってる

感動の理由を求められても説明に困りますが、
あの雰囲気の中で合唱されたら、そりゃもう。

やっぱり小学校っていいなぁ、って思った。
教職免許、4月から本当に頑張ろう。
[PR]
by siro-castle | 2005-03-04 22:26 | 日常