通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボリスト

こんばんは管理人siroです。

あれだ、一日中寝てると更新が三回になるわけか。
暇なんだししょうがない<早く寝ろ

大学院に入って初のサボりと言って思い出した。
そういえば、去年の今頃にも同じようなことが。
自分ではサボりではないと思っているのだが、
周囲からは「明らかにサボりだ」と言われている。
そんなときのお話。

あの頃は毎週レポートやら発表があったときだった。
そんな状況だと、すべての課題に全力は尽くせない。

そう、手を抜く課題を作り始めたのだ。

そして、何を間違ったか、所属ゼミの教授の課題を手抜きした。
発表レジュメも少なく、発表自体もしどろもどろ。
そしたら案の定ツッコミをうけまくった。凹むくらい。
その上、「来週までに調べてきて、補足してね」と言われた。

しかし、やる気のない俺は面倒でたまらなかった。
風邪でもひけばいいのに…と本気で思っていた。

すると、ミラクルは起こった。本当に風邪をひいたのだ。
嬉々として休む俺。補足発表はなかったことに。
周りからは「ありえねー」と言われながら。

ところが、この話はこれだけでは終わらない。

授業は休んだものの、来週には他の発表が控えていた。
しかもグループ発表なので、打ち合わせがその日にあったのだ。
その打ち合わせは、発表を休んだ授業の直後にあった。
マジメな俺は、風邪にもかかわらず打ち合わせへと出向いた。

運の悪いことに、研究室の前で教授に遭遇 Σ(´Д`lll)

教授「あれ?siroくん、何してるの?」
俺「あ、えっと、その、打ち合わせがあって…」
教授「授業は?」
俺「す、すいません、風邪ひいてそれどころじゃなくて…」

学校に来る元気があるのに授業は休む。
しかも休んだ直後に教授に会う間の悪さ。
冷や汗ものでしたよ。ほんとに。

やっぱサボりと思われてもしょうがなかったのかなぁ。
[PR]
by siro-castle | 2004-11-09 23:01 | 日常