通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

10月も終わりそう

こんばんは管理人siroです。

気付いたら、あっという間に10月も終わりそうです。
ついこの前10月になったばかりだと思ったのに。
ここ最近時のたつのが早いです。絶望的なくらいに。

そんなこんなで、修論も進んでいるんだかいないんだか。
ちょこちょことネタは増えていっているものの、
それをまとめる作業が手付かずのまま。
まぁこれから調査をするって人に比べればマシだけど。
データだけは蓄積されていってますからね。

論文を書くにあたって、まずは序章を書かねばならない。
いわゆる論文のテーマの背景である。
これに関しては、幸いなことに骨組みが出来上がっている。
あとはこれに肉付けをしていけばいいだけだ。

次に、この論文の目的を固めなければならない。
正直な意見を言うならば、「政策批判をするため」
でも、それをストレートにやると評判が悪いらしい。
なんでかなぁ。別に批判してもいいじゃない。
でも、ちゃんと考えないといけないっぽい。

この調査の方法に関しては、もう簡単に書けるであろう。
しかし、簡単に書けるということと、書くということは別問題。

やっかいなのが、調査の経過のまとめである。
事例研究であるため、やり方がいくらでもある。
何に注目して書くべきか。悩みどころである。

そして、最後に考察がくるのである。
ここで思いっきり政策批判を展開した前回の論文は、
先輩方から総じて批判を受けた。うるさい奴らだ
しょうがないじゃない。明るい視点が持てないんだから。
こんな政策、やらない方がマシだ!くらいに思ってるんで。
今回もおそらくその方向性を保ち続けることでしょう。

というように、ある意味7割くらいは方向性が固まっている気が。
しかし、書く気がしないのはなんでだろう。
その気になれば一ヶ月くらいでほとんど終わりそうだが。

修論の方、頑張りましょうね…ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!
[PR]
by siro-castle | 2004-10-28 23:01 | 日常