通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

松屋に行ってきた

こんばんは管理人siroです。

今日は昼からネタ探しの旅に出ていたような気がしますが、
決してそんなことはありません。ちゃんと仕事してきました。

でも、仕事前には二つ目のネタを拾いに行ってきました。
それは、13日販売開始の松屋の牛めしを食べること。

BSE問題がどうのこうのということで、販売休止中の牛めし。
この度米国産の牛肉からブレンド牛に変える事で販売再開。
なんと、中国、オーストラリア、日本のブレンドらしい。
オーストラリア牛はまぁ聞いたことがある。オージービーフだ。
でも、中国…?なかなか聞かない感じだ。

それでもうまけりゃいいということで、早速食べに行った。
ただ牛を食べたいだけじゃない。それなら「らんぷ亭」に行っている。
ここは牛どんを唯一売り続けていたところだ。でもおいしくない

余談であるが、牛丼と一口で言っても、店によって呼び名は異なる。
吉野家=牛丼、松屋=牛めし、らんぷ亭=牛どんである。
でもすき家=牛丼。吉野家と一緒だ。かなりどうでもいい。

店に入り、慣れた手つきで(?)牛めしセットの食券を購入。
牛めしに卵とサラダがついて540円。栄養バランス重視。
運ばれてきた牛めしの見た目は、昔の牛めしそのもの。
そこに卵を溶いて入れ、七味をかけて準備完了。
素直に味を楽しみたかったので、あえて紅しょうがは入れず。
そして料理評論家の如く上品に口に運ぶ…ようなことはせず、
豪快にかきこんでみる。そして味わってみる。
口の中に広がる牛めしの味。あぁ、これが松屋の味…

ではなかった  ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン

うん、見た目はそのままなんだ。確かに変わってなかったんだ。
でも味が違ったんだ。なんとなく臭みがある気がするんだ。
正直おいしくなかったんだ。かなりガッカリだったんだ。

さようなら、松屋の牛めし。あなたと会うことは当分ないだろう。
米国産の牛で再開されるまで、食べるのは待つことにします。
[PR]
by siro-castle | 2004-10-14 21:50 | 日常