通信制大学で小学校教員を目指す、限りなくフリーターっぽい学生が語る日常


by siro-castle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

知識の危機

こんにちは管理人siroです。

さて、先日の更新はいったいなんですかね?
一晩あけて見たらひどいこと。酔ってるの?
まぁしらふで書いてはいたんですが、ありえない。

ということでですね、ちょっとマジメな話題。

こんな記事について

「太陽が沈む方角、3割が知らず 危うい小学生の天文知識」
ということらしい。

抜粋すると、ゆとり教育のために教えられなくなった
太陽の沈む方角、月の満ち欠けの理由などに関して、
答えられない小学生が急増しているとのこと。

この記事には載っていないが、なんと
「太陽が地球の周りを回っている」
このように信じている小学生もいるとか。しかも4割も。

こんなこともあった。先日「クイズヘキサゴン」を見ていた。
有名進学塾の小学6年生が6%しか答えられなかった問題。
日本のある県を影にした図を見て、何県だか当てるものである。

a0021722_17175886.jpg←こんな感じ




















これも答えられない小学生って、どうなのよ?
めっちゃ特徴的な県じゃないですか。島まであるし。
しかも、塾通いしてるのに6%って。
かわいそうに。新潟県。

なんか国際人を目指すんだか何だか知らないけれど、
小学校から英語教育を取り入れているみたいじゃないですか。
でも、こんな常識も知らなきゃ国際的に恥をさらすだけな気が。

The sun turns around the surroundings of the earth!

とかマジメに言っちゃうんでしょうか?

すごい世の中になってきましたね。大丈夫か?日本。
[PR]
by siro-castle | 2004-09-22 17:29 | 日常